インナーチャイルド癒すって面倒?!


こんにちは。

インナーチャイルドセラピスト松岡真奈美です。


今日はセッションに来られるお客様からも時々言われる

「インナーチャイルドって癒すの大変、面倒ですね。。」という言葉について

お話ししたいと思います。


インナーチャイルド癒しについてはこちらにやりかたを載せてあります。

ご覧くださいね。


さて、

インナーチャイルド癒しは大変で面倒、という言葉を時々耳にします。

本当に、そうですよね。

傷を感じ直すことでもあるので痛みを伴ったりしますしね。

大変で面倒。。よくわかります。

実際私もそう思う時期がありましたし、

学校に行って学んでいる頃は、

え、こんなに大変なの!?しんどい。。と、

よく口にしていました。


けれど、3年経って今は、

しんどいという感覚よりもありがたい。知れてよかった。という思いでいます。


なぜかというと、

インナーチャイルドは自分の一部だということが腑に落ちたからなのです。

インナーチャイルド癒しが大変なのは傷が深くなっているから今痛いのであって、

いきなり傷ができたわけでも降ってきたわけでもないですよね?

まさに自分の経過そのものです。

そのことを受け入れどの時期の自分のことも大切に思えるようになるというのは、

とても幸せなことだと思います。


ああ、なぜこんなことになったの?!

ああ、もっと早く知っていればよかった。。


傷を感じれば感じるほどそう思うことって当然あります。

でも、どんな道を通っていようと、

その時その時自分なりに最良の選択を取っていたということを

見放さないで欲しいなと思いますし、

セッションでもそのことを大切にしています。


それができたら、大変、面倒という気持ちより、

ああ、気づけなくてごめんね。

これからは大事にするよ。

という気持ちが芽生えてくると思うのです。


今日は雨が降る時間帯もあるようですね。

雨の音を聞きながら少し気持ちを鎮める時間を持つのもいいかもしれませんね。


お読みいただきありがとうございました。

Matsuoka Manami Innerchild Therapy

インナーチャイルドを癒し伸びやかに生きる