profile

自己紹介

松岡真奈美

長野県出身 埼玉県東大宮在住 夫,男児2人と4人暮らし


👒不安の強い幼少時代

3歳頃、あるショックな体験を機に自分が自分で無くなっていくような感覚を覚える。

周囲からは天真爛漫な子と言われいつも明るく振る舞う子でいたが、心はいつも不安で落ち着かず、虚しさ、焦燥感、浮遊感の中で過ごす。

中学頃から集中力の低下、記憶力の低下などが始まり、以降20年にわたり吃音、パニック、うつ、ひきこもりの症状を体験。

10代後半に精神科、神経内科、心療内科、カウンセリング相談室ほか多数をめぐるがそれから20年、本当に解決できるものが見つからないまま過ごす。


👒これだと直感したホメオパシー療法

2008年に長男を帝王切開にて出産、その後近所の助産院にてホメオパシー療法と出会う。

2010年に次男を自然出産。

その後次男の重度のアトピーで眠れない毎日を過ごし気力体力が限界に来ていた頃、顎下腺腫瘍が見つかる。

体がとにかく重く倦怠感や強い震えなどがあり、どうしていつも頑張っているのにこんなに苦しいんだろうと悩む。

これからの家族との生活や自分自身の幸せのため、長年抱えた不調を根本から見つめ直すことを決意。

直感を頼りに、藁をもつかむ気持ちでホメオパシー相談会を受ける。


👒ホメオパシー療法で知った根本を変えるためのインナーチャイルド癒し

ホメオパシー相談会では自分の苦しみに光が当たる安堵感と解決策があることに今まで得られなかった希望を持つ。

同時に、ホメオパシー療法の病や症状の考え方に触れる。

症状と感情は互いに関係があることを知り、感情について学ぶことを決意。

一般財団法人日本ホメオパシー財団認定 ホメオパシー統合医療専門学校(カレッジオブホメオパシー)インナーチャイルドセラピストコースに入学。セラピスト資格取得。

インナーチャイルドのことをよく知り、癒しを深め、長年抱えてきた悲しみを一つ一つを溶かすことで体調は劇的に改善。

あらゆる感情に対して受け入れる力がついていき、生きるのがとても楽になる。

そこから、自分や家族が人生を創造してくことの楽しさを知る。


👒セラピストとして歩む

現在インナーチャイルド癒しによる感情の解放と新たな生き方のサポートを短期的、長期的にプランニングしセッションを行っている。

インナーチャイルド癒しに関わる根深いトラウマ解除のセッションや人生の目的を思い出す在り方セッションなどを取り入れ多角的に根本からの癒しを提供している。

最終的には自分でインナーチャイルドを癒すことができるようレクチャーしているため、一生の知的財産として役立てて頂ける。

ホメオパシー療法を全く知らない人にも幅広くお受けいただいている。


メッセージ

こちらのホームページを訪ねて下さりありがとうございます。
インナーチャイルド癒しは根本から心を軽くしたい、伸びやかに自分らしく生きたいという方にとてもオススメです。

自信が持てないご自身のことをセッションで話すのは恥ずかしさや惨めさが伴ったりして気乗りしないということもあるかもしれません。傷を癒すためには傷を見なくてはならないのでとても勇気がいります。

しかし自分らしく生きたい想いから、その一歩を不安なままでもいいから始めてみる。当センターはそのようなスタートを切る方がほとんどです。

インナーチャイルド癒しは人生を創る上で最も土台となるパートです。   

ひとたび身につけたら一生使える術でもあります。

インナーチャイルド癒しの魅力を一緒に体験しませんか?

体験セッションご用意しています。

お問い合わせはこちら




ー活動略歴ー

2014年夏 一般財団法人日本ホメオパシー財団認定 ホメオパシー統合医療専門学校(カレッジオブホメオパシー)

     インナーチャイルドセラピストコース卒業

2014年秋 セラピスト活動開始


埼玉県東大宮のセンターで対面、Skypeによる個人セッションを行っている

さいたま市内、埼玉県内、東京、千葉、神奈川、長野、山梨、静岡、神戸、大阪、鳥取など多方面から


グループセッション、インナーチャイルドお話会

・東大宮センターにて不定期開催

・工藤聖子ホメオパス開催グループセッション 千葉県船橋海神センターにて 2015年

・藤掛由美ホメオパス開催インナーチャイルドお話会 川越市にて 2016年


コングレス(ホメオパシー学術大会)ケース発表  2015年

                        2016年

セミナー、お話会開催

・藤掛由美ホメオパス、井口香織ホメオパス招致 大宮にて「ワクチンセミナー/歯と体と心」 2016年

・インナーチャイルドお話会 東大宮センターにて 2015年、2016年